初夜上堂シリーズ

フランスの青い海岸コートダジュールは地中海を見下ろす。僕のアトリエがあった海辺の城塞都市エズにはニーチェの道 chemin de Nietzsche がある。ごつごつとした階段のような険しい坂道が続く。そこでニーチェが思索に耽ったと言われる。エズの「鷲ノ巣村」と呼ばれるエリアにも、細い坂道に石造りの建物が密集する。やはり石の階段のような狭い坂道。修二会では練行衆が松明に導かれて一人一人厳粛に階段を上る。初夜上堂という大切な時間に身を置くため。その僧侶たちの姿を表した。

初夜上堂
初夜上堂(世沙弥 塚本)