遅れてきたアマビエ

疫病退散

「みんなに私の姿を見せろ」と言っていたアマビエさん。僕も含めた作家たちでやって見たが、作家たちの制作も遅れた。アマビエチャレンジが完成するころには疫病もブームも収まって欲しいと願いを込めて。僕のアマビエさんは、最終的に「粘土のお風呂」に再生土として戻される。作家として、今この世界で、僕はやるべき事をする。